マスオさんは重度のノイローゼだったという都市伝説

サザエさんに登場するマスオさん
優しいパパというイメージが強いです。それでいて、おっちょこちょいなところも親近感が湧いちゃいます。

多くの人から愛されているキャラクターのマスオさん。実は連載当初は、現在のアニメのようなキャラクターではなかったようなんです。

スポンサードリンク

サザエさんの作者はご存知「長谷川町子」さんです。最初は新聞の4コマ漫画でした。

福岡の地方新聞「夕刊フクニチ」にサザエさんの連載が始まったのは1946年。なんと終戦の翌年から、サザエさんの連載がスタートしていたんです。ちなみにアニメのサザエさんは、1969年から放送されています。

サザエさんの4コマ漫画が始まった当初は、今から70年以上も前のこと。当然ながら時代背景は、現在とまるで違います。

連載当初のサザエさんでは、マスオさんが精神安定剤を服用しているというシーンがたびたび登場します。

当時は病院から処方されなくても、薬局に普通に売っていた精神安定剤。その当時では珍しくなかったと思いますが、今考えたらかなりヤバいですよね。

漫画の中では会社から帰ったマスオさんが、ただいまも言わず部屋に駆け込み精神安定剤を飲もうともしています。そんなに切羽詰まって薬を飲むなんて「かなり重度のノイローゼなのでは?」と疑いたくもなってしまいます。

病院でノイローゼと診断されたというシーンもあると言われています。マスオさん自ら「子供の奉仕でノイローゼ気味だ」とぼやくシーンもあるとかないとか・・・。

ということは神経症を患った原因はタラちゃんにあるということでしょうか。あんなに優しいマスオさんがタラちゃんに手を焼き、育児ノイローゼになろうとは・・・

もちろんアニメでは1度たりともノイローゼで精神安定剤を飲むというシーンは出てきません。でも長谷川町子さん原作のサザエさんでは、間違いなくマスオさんは精神安定剤を服用しています。

ノイローゼになった原因がタラちゃんかどうかは定かではありませんが、原作のマスオさんは精神的に追い詰められていたことは確かなようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする