うれしいひなまつりの作詞者サトウハチローはこの歌を捨てたかった!?

童謡うれしいひなまつり
3月3日のひな祭りの季節になると、デパートなんかではよく流れていますよね。あかりをつけましょぼんぼりに~♪で始まるあの歌のことです。ひなまつりと言えば、この歌しかないというくらい定番中の定番の歌。

スポンサードリンク

そんなうれしいひなまつりを作詞したのは、サトウハチローさんです。他にも「ちいさい秋みつけた」「かわいいかくれんぼ」「悲しくてやりきれない」「リンゴの唄」など多くの作品の作詞を手掛けている大作詞家です。

そんなサトウハチローの前で、うれしいひなまつりの歌を歌うのはタブーとされていたという噂があります。なぜ自らが作詞した歌を歌われるのを嫌がったのでしょう。

サトウハチローは歌われるのを嫌がるどころか「うれしいひなまつりを捨てたい」と漏らしたこともあったと言われます。

うれしいひなまつりって私に言わせたらかなりの名曲です。曲はもちろん歌詞もひな祭りにぴったりという感じがして、大好きな歌の1つです。そんな歌を捨てたいとまで言うなんて・・・。この噂は事実なのでしょうか。気になったので調べてみました。

調べた結果、サトウハチローはうれしいひなまつりの歌詞を間違えていたことが判明しました。どういうことか簡単に説明しますね。

2番の歌詞に「お内裏(だいり)様とお雛(ひな)様~二人並んですまし顔~」ってありますよね。

これが大きな間違いなんです。
これを聞くと雛人形のいちばん上にいる男の人がお内裏様。女の人がお雛様って思ってしまいませんか?

実はそうではなくお内裏様というのは、お殿様とお姫様の2人のことを表しているんです。そしてお雛様というのも、男雛と女雛のふたりで一対という意味です。

そう考えると「お内裏様とお雛様」としてしまうと、4人いることになってしまうわけです。これはサトウハチローやっちまいましたね。

スポンサードリンク

さらに3番の歌詞に「赤いお顔の右大臣~」というのが出てきます。

雛人形の向かって右側にいる大臣と思われる人物は確かに顔が赤いです。少し白酒を召されたのでしょうか。ただここでもサトウハチローは、大きな勘違いをしてしまいます。

右大臣というのは雛人形から見た右です。なのでこちら側から見た右にいる人物は、右大臣ではなく「左大臣」ということになります。

それだけではなく、右大臣とサトウハチローが思っていた人物は大臣ではありません。服装などを見ると「近衛中将」と呼ばれるみたいです。

雛人形側から見て左の人物は「左近衛中将(さこんのちゅうじょう)」。右の人物は「右近衛少将(うこんのしょうしょう」です。なので歌詞を正確にいうと「赤いお顔の左近衛中将~」となります。

サトウハチローは、右と左を間違えたばかりか、呼び方すらも間違えるというダブルのミスをしてしまったわけです。これは、こっ恥ずかしいですね。

歌詞にこのようなミスがあったのを、歌が世に出てから知ったサトウハチロー。確かに、この歌を捨てたくなる気持ちも分からなくもありません。

サトウハチローは、この歌が世に広まってほしくなかったようですが、意に反してひな祭りと言えば「うれしいひなまつり」というほど定着してしまいました。

小さな子供たち(大人も?)は、上にいる2人のことをお内裏様とお雛様と思っているでしょうし、赤いお顔の人は右大臣だと思っていることでしょう。

今さら歌の歌詞を変えるわけにもいかないし、もうこのままでいいのかなとも思います。保育園でもいちいち「この人は右大臣じゃなくて左近衛中将なんだよ~」と教えるわけないし。

この童謡「うれしいひなまつり」はサトウハチロー大先生にとっては、一生の不覚なのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする