世界最大の生物はゾウでもクジラでもなく珊瑚って本当!?

世界一の生物と言われたら何を想像しますか?
多くの人はゾウやクジラを思い浮かべるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

確かにゾウやクジラも大きいです。
陸上の哺乳類最大の生物はアフリカゾウです。高さ3m以上・体長6m以上・体重7トンにも及ぶ巨大な生物です。

海にいる最大の生物はシロナガスクジラです。
シロナガスクジラの体長は33m。最大で200トンを超えるものも発見されています。

このようにゾウやクジラも大きいのは間違いありませんが、世界最大かと言われれば違うんです。哺乳類でもっとも大きいのはシロナガスクジラです。そして生物すべての中で世界最大なのは・・・

珊瑚

答えは珊瑚(サンゴ)です。
珊瑚礁のことですね。

「サンゴって動物なの?」と思う方もいるかもしれません。お答えしましょう。サンゴはれっきとした動物です。クラゲやイソギンチャクの仲間で、刺胞動物門に属する動物なんです。

サンゴは動物なので、もちろん呼吸もするし食事もします。サンゴは自らの体内に、褐虫藻という植物を飼っています。これが光合成をして得たエネルギーを、サンゴが貰っているというわけです。

スポンサードリンク

そしてこのサンゴ。単体の体長は数ミリ~数センチとかなり小さいんです。このサンゴの本体をポリプと呼びます。ポリプ1つ1つが、石灰質の骨格を作るのがサンゴの特徴でもあります。それで岩みたいなサンゴ礁が出来上がるというわけです。

言ってみれば岩みたいなやつはサンゴの巣みたいなもので、その中に無数のサンゴがいるというわけですね。でも巨大なサンゴ礁は、間違いなくサンゴ自身が作り出したものです。

このサンゴ礁の世界最大のものは、オーストラリアにあるグレートバリアリーフです。1度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。世界遺産にもなっていますよね。観光する人もとっても多いです。

グレートバリアリーフの大きさは、なんと約340,000平方キロメートル。
長さにすると約2,300キロメートルもあります。この巨大なサンゴ礁は、宇宙から見える唯一の生物とも言われるほどです。

世界最大の生物は、ゾウでもクジラでもなくグレートバリアリーフだったんですね。

でもグレートバリアリーフって1つの動物ととらえていいのでしょうか。
単体のサンゴは数ミリの大きさしかないのに・・・。

サンゴ礁がサンゴの巣なのだとしたら、ハチの巣みたいなもんですよね。ハチの巣は生物とは言えません。だとしたらサンゴ礁も生物とは言えないのでは・・・。

実際はどうなのでしょうね。単体の生物ではやっぱりシロナガスクジラが世界最大なんじゃないかとも思えてきてしまいます。世界最大はシロナガスクジラか。それともグレートバリアリーフか。
あなたはどちらだと思いますか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする