さとるくんにまつわる都市伝説。公衆電話からさとるくんを呼び出すと・・・

さとるくんに関する都市伝説は有名なため、知っている人もいるかと思います。

公衆電話を使って、さとるくんを呼び出すことができます。でも、最近公衆電話って見かけませんよね。しかし、さとるくんを呼び出したいなら気合いで公衆電話を探しましょう。

スポンサードリンク

そして公衆電話に到着したら10円玉を入れて、自分の携帯電話に電話を掛けます。このとき使うのは10円玉オンリーです。100円玉とかテレホンカードとかはダメです。テレホンカードを持ってる人も、今やいないとは思いますが・・・

しっかり10円玉で自分の携帯に電話を掛けたら、こう唱えてください。

「さとるくん、さとるくん、おいでください。さとるくん、いらっしゃったらお返事ください・・・」

一文字も間違えることなく唱えましょう。心配な方はメモってから公衆電話に向かいましょうね。

唱え終わったら公衆電話に受話器を置き電話を切ります。そして、自分の携帯電話の電源も切っておきましょう。

そうすると、電源を切っているにもかかわらず24時間以内に電話がかかってくるはずです。
「さとるくん」から

さとるくんからの電話は一度ではなく、何度かに分けてかかってきます。そのたびに、さとるくんは自分の位置を教えてくれます。だんだんとさとるくんは、あなたの位置に近づいてくるのです。
ただ気を付けてほしいのは、この時にはこちらからさとるくんに質問することはできません。

スポンサードリンク

そして、さとるくんからの最後の電話。
このときにさとるくんは「きみの後ろにいるよ」と言ってきます。このときに、さとるくんに質問することができます。なんでも聞いちゃいましょう。

ただし、絶対に注意しなければならないことが2つあります。
それは、絶対に後ろを振り返らないということ。
そして、質問は1つだけということ。

さとるくんの顔が気になって後ろを振り返ってしまったり、欲張って2つ以上質問すると・・・

あの世に連れ去られてしまうと噂されています。

この「さとるくん都市伝説」は昔から噂されていることではありますが、勇気のある方が試してみてはいかがですか?

ちなみに私は臆病なので「こんなことあるわけないじゃ~ん!」と思ってはいるものの、実際に行動に移すことはできませんでした。試すのはあなたの自由ですが、何が起きても私は責任取れません。自己責任でお願いしますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする