ドラクエの復活の呪文が未来を予言しているという都市伝説

ドラゴンクエスト(略してドラクエ
プレーしたことはなくてもドラクエの名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。日本の超有名なロールプレイングゲームです。

ロールプレイングゲームはクリアするまでに膨大な時間がかかってしまいます。どう頑張っても1日でクリアできないので、途中でやめて次の日に再開してクリアを目指すことになります。

スポンサードリンク

当時は1986年でファミコンの時代。今では考えられませんがセーブもできない時代でした。そのため当時は、意味不明なひらがなの羅列をパスワードとしていたんです。

ドラクエでは途中でやめると、20文字の復活の呪文(パスワード)を教えてもらえます。再開するときには、復活の呪文を入力すれば同じところから再開できるというわけです。

この復活の呪文は、一文字も間違えずに正確に入力する必要があります。一文字でも間違えると、二度とプレーできないという悲惨な結果が待っているのです。

なので当時の小学生たちは、間違えないように必死に復活の呪文をメモりました。それでも間違えて最初からやり直した子供たちは数知れません(笑)

そんな復活の呪文は未来を予言していたという都市伝説があります。

ドラクエが発売された1986年には起こっていない未来の出来事が、復活の呪文に使われているというのです。どのような予言なのでしょうか。さっそく見てみましょう。

ちなみに復活の呪文で「ん」はなかったので代わりに「む」が当てはめられています。

きむよなはこおりのうえおうつくしくまうね
(キムヨナは氷の上を美しく舞うね)

あさだまおこおりのうえおうつくしくおどる
(浅田真央氷の上を美しく踊る)

たしろまさしがまたたいほされちやうあほや
(田代まさしがまた逮捕されちゃうアホや)

それむがほうかいしてろしあにふつかつだぞ
(ソ連が崩壊してロシアに復活だぞ)

まつもとさりむがおきちやうなこわいひまや
(松本サリンが起きちゃうな怖いヒマや)

せいぞうびいつわつていたあかふくのもちや
(製造日偽っていた赤福の餅屋)

こくてつがじえいあるになるぞすごいぞうわ
(国鉄がJRになるぞすごいぞウワ)

ひがしこくばるひでおみやざきちじなるはず
(東国原英夫宮崎知事なるはず)

ふくやまはふきいしかづえかたくあいちかい
(福山は吹石一恵固く愛誓い)

げむごうがしようわからへいせいになるうぞ
(元号が昭和から平成になるうぞ)

さしはらゆうこきたわたなべかしわぎまりこ
(指原優子きた渡辺柏木麻里子)

このように1986年には起きていない出来事をズバズバと当てているんです。一文字でも間違えれば始められない復活の呪文だけに、これだけ当たると逆に怖くもなります。

スポンサードリンク

しかし復活の呪文はこれにとどまりません。現在は2018年ですが、2018年時点ではまだ起きていない未来の出来事も復活の呪文は予言していたんです。

ほつかいどうにもしむかむせむださつぼろし
(北海道にも新幹線だ札幌市)

りにあがじこがおきるぞこわいかもよじこめ
(リニアが事故が起きるぞ怖いかもよ事故め)

だいさむのせむそうがはじまるもうあれかい
(第三の戦争が始まるもうアレかい)

ふじふむかとうきようやばいしゆとまひよし)
(富士噴火東京ヤバい首都マヒよし)

ほてるでてろがおきるにほむでいだからもの
(ホテルでテロが起きる日本でいだからもの)

ほつぼうりようどがにほむえつからふともと
(北方領土が日本えっ樺太もと)

このような恐ろしい未来も予言されています。ところどころ意味不明な箇所があることが、逆にリアルに感じます。今までの予言が的中していることを考えると・・・怖すぎます。

本当にドラクエの復活の呪文は未来を予言しているのか。信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする