黒ひげはケルベロスの実の能力者という噂

ワンピースに登場する黒ひげことマーシャル・D・ティーチ。

最初に出てきたときには悪そうな感じはしませんでしたが、物語が進むにつれて悪い黒ひげの本性が出てきていますよね。ルフィの兄でもある白ひげ海賊団の隊長を務めるエースに勝つなど、個人の実力も凄まじいものがあると予想されます。そんな黒ひげにこのような噂があります。

黒ひげはケルベロスの実の能力者

なんと黒ひげは「イヌイヌの実モデルケルベロス」を食べているというのです。ケルベロスとはギリシャ神話に出てくる頭が3つある犬の怪物です。

スポンサードリンク

でも、おかしくありませんか。だって黒ひげはすでに、ヤミヤミの実を食べているんですから。悪魔の実は1人1つまでしか食べられないはずです。1つ食べているにもかかわらず、このような噂が出てくるのはなぜなのでしょうか。

それは黒ひげ海賊団の海賊旗にあります。黒ひげの海賊旗は、ドクロの頭蓋骨が3つです。「これってケルベロス?」と疑いたくなってしまいます。

もしケルベロスの実を食べていたとしたなら、黒ひげは3つの頭を持つことになります。頭が3つあれば、体(心臓)も3つある可能性があり、そうなれば複数の悪魔の実を食べられる可能性があるのではないでしょうか。

実際に黒ひげは「ヤミヤミの実」と、白ひげが死んだことにより手に入れた「グラグラの実」の能力も手に入れています。間違いなく2つの悪魔の実は食べているんです。そう考えると、黒ひげの体がケルベロスだから3つの悪魔の実を食べることができたとも考えられませんか?

そして今までに黒ひげは「人の倍生きている」「体の構造が異形」と言われてきました。ケルベロスは3つの頭が交代で眠るとも言われていることから、人の倍または3倍生きているのではないかとも予想がつきます。

さらに黒ひげは登場するたびに、歯の欠けている位置が変わるんです。

これは3つの頭が順番に出てくるからなのではないでしょうか。

そしてケルベロスは「底無し穴の霊」という意味もあります。これはヤミヤミの実を予感させます。さらにケルベロスは「音楽を聴くとすべての頭が眠る」ので、もしかしたら黒ひげの天敵は音楽家ブルックである可能性もあるわけです。

また、黒ひげと戦ったシャンクスの傷からもケルベロスの伏線が見えてきます。

これ、動物の爪で引っ掻かれたような感じですよね。

最初に黒ひげと会ったときのルフィとゾロが黒ひげのことを「あいつら」と呼んだことも伏線くさいです。「あいつ」ではなく「あいつら」なのですから。

このようなことから、黒ひげはケルベロスの実の能力者という都市伝説が出てきたというわけです。伏線大好きな小田先生なら、あり得そうな気もしますよね。

スポンサードリンク

ただ、黒ひげが複数の悪魔の実を食べられたのには、もう1つの説もあります。それは・・・

ワポルのバクバクファクトリー

えっ!?と思いませんか?まさかのワポルです。

ワポルのいたずらで、もともと2人だったのをバクバクファクトリーによって、1つの体にさせられてしまったという説があるんです。今のワポルでは黒ひげに太刀打ちできないでしょうから、ワポルと黒ひげは幼少期に幼馴染だった可能性があります。

幼少期から「バクバクの実」を食べていたワポルは、黒ひげともう1人をバクバクファクトリーで1人の人間にしてしまったのではないでしょうか。それで黒ひげは、2つの体を持ち複数の悪魔の実を食べることができた・・・。ありそうな気もしますね。

実際に黒ひげがドラム王国に行ったという描写も出てきます。これは幼いころの仕返しを、ワポルにしに行ったということも考えられます。

ケルベロスの実の能力者
バクバクファクトリーで1つの体になった
それ以外の他の理由

本当のところは小田先生しか分かりませんが、どうなんでしょうかね。こんなことを予想するのも、ワンピースの楽しみ方の1つかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする