桃太郎にまつわる都市伝説。実際の話は恐ろしいって本当?

誰もが知っている昔話と言えば、まず頭に浮かんでくるのは「桃太郎」ではないでしょうか。イヌ・サル・キジの3匹をお供に連れて、鬼退治をするという物語はあまりにも有名です。

スポンサードリンク

実は誰もが知る桃太郎にまつわる都市伝説が存在します。

それは「桃太郎の原作は恐ろしい物語」だというものです。

恐ろしいって、ちょっと気になりますよね。どのような物語だったのでしょうか。

まず、桃太郎が作られた時の時代背景を見てみましょう。桃太郎は室町時代くらいに作られた物語だと言われています。その時代では、間引きという風習がありました。

間引きとは、生まれてきた赤ちゃんを川に流してしまうというものです。今では考えられませんが、昔の日本には貧しい地域が多く子供を育てられずに泣く泣く間引きしていたということです。

その間引きによって流されてきた赤ちゃんが、あの桃太郎だったのではないのかという噂があります。

さらに仲間に加わる3匹も、裏には恐ろしい理由が隠されています。

イヌ → 居ぬ
サル → 去る
キジ → 帰じ

なにか間引きされた赤ちゃんを暗示しているように感じませんか?

そして、物語のラストも現在のものとは大きく異なるようなんです。現在の桃太郎のラストは、鬼退治をして宝を取り戻しハッピーエンド。となっています。

が、昔の桃太郎はハッピーエンドで終わることはありません。桃太郎は龍とともに海に落ちてしまうという結末になっています。なぜ龍が出てくるのかは謎ですが、そのようなラストになっているんです。鬼退治は失敗に終わっていたんですね。

もともとの物語が子供に聞かせられるような話ではないため、徐々に桃太郎の話がマイルドになっていったのだと思われます。あの桃太郎が、このような経緯でできあがっていたとは驚きですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする