衝撃!!江戸時代の浮世絵にスカイツリーが!?

江戸時代末期に浮世絵が一代ムーブメントを起こします。その中でも天才と言われた浮世絵師が「歌川国芳」です。

スポンサードリンク

歌川国芳は、1831年に「東都三ツ又の図」という絵を描きます。この絵の中に妙な形のものが描かれているんです。

よーく見ると分かるのですが、川の向こう側に天に向かって伸びるものが見えます。これ、どことなく東京スカイツリーに似ていませんか?

当時の江戸には、このような高さの建築物などあるわけがありません。「東都三ツ又の図」を見た江戸庶民たちは「いったこれは何だ?」と思ったことでしょうね。

スカイツリーらしきものの左側に描かれているのは「火の見やぐら」という記録は残っています。ただし、スカイツリーらしきものについて書かれた記録は一切残っていないんです。

ここで現在のスカイツリーと比べてみましょう。

やっぱり似てます。もしかしたら歌川国芳は、未来を予測して「東都三ツ又の図」を描いたのかもしれません。
信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする