モンゴル帝国を築いたチンギスハンは源義経だったって本当?

モンゴル帝国の祖「チンギスハン」はあまりに有名な人物です。
このチンギスハンが源義経ではないのかという都市伝説があります。

詳しく見ていってみましょう。

スポンサードリンク

義経は31歳の時に兄である源頼朝に敗れ、自害したというのが定説となっています。しかし、義経は生き延びていてモンゴルに渡っていたというのです。

これは本当なのでしょうか。

義経の自害後、義経の首を鎌倉にいる頼朝に送ったらしいのですが、自害した場所(岩手県平泉)から鎌倉に首を届けるまでに43日間もかかっているのです。

これ、おかしいと思いません?

いくら徒歩とはいえ、岩手から鎌倉まで1ヶ月半もかかるなんて・・・

これにも理由があり、首は義経のものではないので時間を稼いでわざと腐らせたのではないかと言われています。この時の季節は夏なので、43日間もたてば腐ってしまうでしょうからね。

では、この首は誰のものだったのか。実は義経の死後、ぱったりと記録が途絶えた人物がいます。

その人物とは、義経の世話役だった「杉妻太郎」という男です。

彼は義経に瓜二つで、見間違えるほどそっくりだったと言われています。義経は杉妻太郎を側近にして、いざというときには身代わりになってもらおうと考えていたのではないでしょうか。いわゆる、影武者というやつです。

しかし腐った首を頼朝に見せても、納得するはずがありません。頼朝はすぐに、平泉に刺客を送ります。

その刺客は「畠山重忠」という人物。
畠山は義経と弁慶に追いついたという記録が残っています。しかし、畠山は落ちゆく義経に同情し、わざと弓をはずしたという逸話も残っています。

その矢は大きな木に突き刺さりました。その場所は現在でも残っており、岩手県久慈市にある諏訪神社に今でも御神体として祀られています。

スポンサードリンク

畠山の同情もあり、からくも逃げ延びた義経一行。まずは蝦夷(現在の北海道)に逃げ延びます。そこから海を渡り、モンゴルに行きチンギスハンと名を変えて歴史の舞台に舞い戻ってきたという都市伝説です。

チンギスハンは資料が少なく、謎の多い人物です。チンギスハンが歴史に初めて登場したのは、義経の死から17年がたった頃です。若干のずれはありますが、義経とチンギスハンは同年代になるわけですね。

当時のモンゴルで大型の弓矢を使っていたのは、チンギスハンだけと言われています。モンゴルでは小型の弓矢しかありませんでした。日本では大型の弓矢を使っていたので、大きな共通点と言えそうです。

日本では、かなりの戦上手で知られる義経だけに、モンゴルに渡り帝国を築き上げるのもできそうな気もします。

そしてこの説を最初に唱えたのは、ヨーロッパから大陸を渡ってやってきた医師「シーボルト」。大陸を渡ってきた彼が言う言葉なら、妙に信憑性があるように感じてしまいます。

かなり壮大で夢のある都市伝説ですね。源義経=チンギスハンは事実か分かりませんが、義経が逃げ延びていた可能性は高いと思います。平泉に刺客を送ったこともそうですが、義経が北へ北へと逃げ延びていく道中に滞在した場所が、歴史の記録に多数残っているんです。

そうしたことを考えると、義経は死んでいなかったという話が出てもおかしくないと思いませんか?

歴史は歴史書などを参考に、作られていきます。なので、解釈の違いから間違った歴史が作られる可能性も否定できません。

実際に昔は真実と思われていたことが、近年では間違いだったという歴史も多いですよね。数年後には、義経=チンギスハンというのが定説になっているかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする