「肉じゃが」が誕生したのは東郷平八郎のアレが原因!?

肉じゃがっておいしいですよね。肉じゃがを作れる女性は、それだけで料理上手に見えてしまいます。ごはんと一緒に食べてもおいしいし、お酒のつまみにもなるし最高の食べ物です。

スポンサードリンク

そんな肉じゃがが誕生した理由が都市伝説化しています。

一説によると、東郷平八郎が絡んでいるらしいのです。東郷平八郎とは幕末から明治にかけての軍人。薩摩藩士でもあった人物です。

東郷平八郎は若いころに、イギリスのポーツマスに留学をしていました。そこで食べたものが「ビーフシチュー」です。日本に帰ってからもビーフシチューの味が忘れられない東郷平八郎は、軍の料理人にビーフシチューを作るように命じます。

しかしビーフシチューなど知る由もない料理人たち。料理人たちは東郷平八郎に作り方を尋ねます。東郷平八郎はこう答えました。

「作り方や調味料は分からないが、牛肉・ジャガイモ・ニンジンが入っていた」と。

仕方なく料理人は、3つの具材を集めて料理を作ります。醤油ベースで(笑)
それで完成したのが今でいう「肉じゃが」だったんです。それを食べた東郷平八郎はこう言います。

「少し違う感じがするが、これはこれでうまい!」

こうして肉じゃがという料理が、全国に広がっていったという都市伝説。そう、肉じゃがが誕生したきっかけは東郷平八郎の料理人への無茶ぶりが原因だったのです。肉じゃがの誕生秘話は、これ以外にもあるのですが、こんな誕生の仕方だったら面白いですよね。

信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする