アンパンマンに登場するバタコさんがハンパない説

アンパンマンといえば、小さい子供に大人気のアニメですよね。おもちゃコーナーに行っても、アンパンマンのおもちゃがたくさんあるほど、子供からの人気は絶大です。

スポンサードリンク

そんなアンパンマンにたびたび登場する「バタコさん」。知ってますよね。ジャムおじさんの助手のような存在だと思います。このバタコさんがハンパないという都市伝説があるんです。

一体なにがハンパないのか・・・。見ていても小柄で可愛らしいイメージしかありませんよね。そんなかわいいイメージとは裏腹に、バタコさんは怪力の持ち主らしいのです。

怪力って・・・何をどう考えればそうなるのでしょう。

よくアンパンマンで見られるのは、バイキンマンにやられたアンパンマンの顔を交換するとパワーアップするというシーン。顔の交換の仕方はいろいろですが、バタコさんが倒れているアンパンマンの顔めがけて投げて交換するパターンが非常に多いです。

でも、よく考えてみるとこれって、かなり凄いことなんです。

なぜってアンパンマンの顔には、あんこがたっぷり詰まっていて、その重さは約3kgと言われているからです。3kgと言えば、女子中学生の砲丸とほぼ同じ重さです。ということは砲丸をいとも簡単に投げているようなものともいえます。

実は、バタコさんがアンパンマンの顔を投げるスピードを計算した人がいます(笑)

そのスピードは驚異の時速87km

なんと3kgもあるアンパンマンの顔を、時速87kmで投げていたんです。あんな華奢な体からは想像つかないくらいの怪力の持ち主です。

それだけでも凄いのですが、それ以上に凄いのはバタコさんのコントロール。バタコさんが投げて外したのを見たことがありません。怪力もさることながら、コントロールも抜群のようです。

砲丸と同じ重さのアンパンマンの顔を、抜群のコントロールで投げるバタコさん。もしプロ野球界に入ってピッチャーになったら、多くの記録を作ることは間違いありません。それ以前に、バタコさんの球をとれるキャッチャーがいないかもしれませんが・・・

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする