幽霊・心霊体験などのテレビ番組にまつわる都市伝説

身の毛もよだつ怖~い話・・・

夏の風物詩としてよくテレビ番組で放送されています。暑い夏に怖い幽霊番組を見ると、鳥肌が立ったり寒気がしてきて暑いのを忘れた方もいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ところが、このような幽霊関係の番組を作るときには「暗黙のルール」があるそうなのです。ルールを破ってしまうと恐ろしいことが起こってしまうとも。

そのテレビ業界で知られている暗黙のルールとは・・・

本物の映像や画像だけにしない

このような都市伝説があります。ほとんど本物だが、中には偽物も含ませるということです。本物だけで番組を作ってしまうと、その番組に携わった人が・・・これ以上は言えません。

今は昔と違い、ちょっと嘘の情報を流しただけでも大問題となるご時世です。テレビ番組の制作者たちは、偽りの情報がないように日々苦労しているはずです。

でも、幽霊関係の番組だけは別と言われています。視聴者をだますことになったとしても、ここだけは譲れないらしいのです。

過去に一体どれほどのことが起こったというのでしょうか。暗黙のルールを破るとどうなってしまうのでしょうか。考えるだけでも恐ろしいですね。

これから、心霊番組を見るときには心して見たほうがいいのかもしれません。この裏には、命がけで番組を作った人たちがいるのだと。

信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする