博物館動物園駅のペンギンが動き出す!?

幻の駅となった博物館動物園駅。かなり変わった名前ですよね。実はこの駅は、駅名の通り博物館と動物園があるところにあるのです。

スポンサードリンク

博物館と動物園があるところと言えば・・・そう上野です。上野にあるんです。というかあったのです。現在は使われていません。

京成上野と京成成田を結ぶ京成本線に博物館動物園駅はありました。場所は京成上野と日暮里の間にあった地下駅です。今から20年も前の1997年に利用者が少なすぎることから、営業休止になりました。

この駅にはホームの階段を上ったところに、なんとも不気味なペンギンの絵があります。

この無表情さが不気味です。実は、このペンギンが夜な夜な動き出すという都市伝説があるんです。

「そんなバカな」とお思いのあなた。試しに京成本線の京成上野と日暮里間を電車に乗ってみてください。そして、窓の外をじっくり見てみましょう。

今は使われていない博物館動物園駅のペンギンがボヤ~っと見えるはずです。もしかしたら、無表情のペンギンがホームを歩いているかもしれませんよ。信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする