サザエさん一家は実は大金持ちだったという都市伝説

サザエさん。昔懐かしいアニメで見ていてほっこりします。キャラクターも個性豊かで、毎週日曜6時半は数十年前からサザエさんを見るのが日課のようになっています。ちなみに昔は火曜日にも放送していて、週2回だったんですけどね。

スポンサードリンク

そんなサザエさんですが、その総資産がヤバいという都市伝説があるのをご存知ですか?

サザエさんと言えば、完全に庶民目線のアニメなので「お金持ち」というイメージは一切ないですよね?でも、サザエさん一家の総資産を実際に計算した方がいるんです。

その結果、サザエさん一家の総資産は1億4000万円。なんと驚異の1億円越えです。

その多くは不動産らしいのです。サザエさんが住む磯野家は、世田谷区の東急田園都市線の桜新町駅周辺です。そのあたりの土地の相場は、1坪240万円。磯野家の土地を計算すると、250平方メートル。坪にすると75坪です。

なんと磯野家は都心の一等地に、75坪もの土地を所有していることになるんです。そしてこれを相続税の評価額にすると、1億2353万円。これだけの資産があれば、大きな借金などをしても安心です(絶対しないでしょうが)。

そして波平やマスオも、かなりの高給取りと予想されます。波平の出身大学は不明ですが、マスオは早稲田大学です。2人とも商社に勤務しています。出身大学だけ見てもエリートなのは間違いないでしょう。年収を予想すると、波平が900万円。マスオは800万円になるようです。

この給料で、不動産資産もある。磯野家は相当のお金持ちであると言えるのではないでしょうか。

サザエさんを見ていても、家計簿をつけるシーンを見たことがありません。家計簿をつけなくてもいいくらい、お金に余裕があることがうかがえます。

その割には、1円でも安いものを買ってますけどね。このあたりは、人間の本能かもしれません(笑)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする