食品添加物天国の日本。この裏に巨大組織の存在が!?

食品添加物。なんか嫌な響きですよね。人体に悪いというイメージがあります。中には害のないものもありますが、ほとんどは何らかの害はあるはずです。だって食材のみを食べるのと添加物が入った食材を食べるのとでは、どう考えても添加物入りのが害はあるでしょ。

スポンサードリンク

日本の食品添加物は合計で1500種類を超えています。これは世界の国々と比べると、圧倒的な数字なんです。

なぜここまで食品添加物が日本は多いのでしょうか。ここで食品添加物はどんな効果があるのか見てみましょう。

日持ちさせる
香りをつける
色をつける
味をつける
粘り気を出す
白く漂白する
膨らませる
硬く・柔らかくする
カビを防止する

このような目的のために食品添加物は使われています。

食品添加物の入ったものを実際に食べても、美味しく感じますよね。でも考えようによっては「無理やり美味しくしている」とも言えそうです。

人体に害がまったくないなら、誰も文句は言いません。でも害があるとしたら・・・

一応決まりとして商品の裏には添加物を記載する決まりになっています。でもスーパーでいちいち添加物チェックしますか?ほとんどの方はしないと思います。国やマスコミも添加物に対して、まったく言及しません。「言わないということは安全なのではないか」と考えがちですが、そんなに国を信用しちゃって大丈夫ですか?

ちょっと話を変えますね。

今の日本は借金が1000兆円あります。これは国民1人当たり約800万円の借金を背負っているのと同じことです。赤ちゃんが生まれた瞬間から、800万円の借金を背負うわけです。こんな国は日本だけです。

スポンサードリンク

なぜこのように借金が増えたかというと、社会保障費の増加と言われています。社会保障費とは年金・医療・介護などに関わるお金のことです。日本は超高齢社会で、今後ますますその傾向は高まっていきます。

若者が少ないのに、お年寄りがたくさんいたらどうなるでしょうか。社会保障費がどんどん増えていきますよね。そして日本の借金もどんどん増えていきます。このような背景もあり、ある都市伝説が生まれました。

「国は老人に長生きしてほしくないから多くの食品添加物を容認している」という都市伝説が。

日本の医療は世界一とも言われ、その影響もあり平均寿命は年々延びています。毎年平均寿命が延びていっては、国はたまったもんじゃありません。それを防ぐために食品添加物を使っているんじゃないかというのです。これが事実だとしたら、とんでもないことですよね。

ただ実際に日本の食材は、海外では禁止されているような食品添加物もバンバン使われているんです。中には発がん性物質の入っている添加物さえあります。「食品添加物 危険」で検索すると山のようにサイトが出てくるので、気になる方は調べてみてくださいね。

まさに食品添加物の国日本。私たちはもはや添加物まみれで手遅れになっている可能性もあります。この都市伝説が事実とは思いたくありませんが、食品添加物をなるべく摂らないほうがいいというのは確かです。ちょっと面倒かもしれませんが、なるべく無添加のものを選んだり、商品の裏を見て危険な添加物は含まれていないかチェックする癖をつけたほうがいいかもしれませんね。

自分の身は自分でしっかり守りましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする