インフルエンザの予防接種は効果がないという都市伝説

冬になると毎年のように流行するのが「インフルエンザ」です。私も何度かかかったことがありますが、かなりつらいです。熱は40度まで上がるし、頭はクラクラするし、食欲はないし、吐き気はするし・・・

このようなつらい思いは誰でもしたくありませんよね。そこで、インフルエンザの予防接種をするために病院に行くわけです。

でもこの予防接種が問題のようなんです。インフルエンザに関してこんな都市伝説があります。

インフルエンザワクチンはまったく効果がない

これが事実だとしたら大変です。私たちは国やマスコミやお医者さんに騙されていたことになります。

スポンサードリンク

しかもインフルエンザの予防接種が効かないというのは関係者は知っているらしいのです。知っていながらインフルエンザのワクチンを大量に購入して、患者をだまして利益を上げているということらしいのです。

「まさか~」と思いますよね。当然です。そんなことが許されるはずありませんもんね。でも疑いたくなるような事実も存在します。

私たちが小学生の頃には毎年学校でインフルエンザの注射をしませんでしたか?それが、1994年からは一斉に中止になっています。これは効果がないからなのではないかと疑いたくなっちゃいますね。「なぜ学校でやらずに病院に行くのか・・・」不思議です。

実はインフルエンザというのは風邪の一種です。高熱が出る風邪といった感じでしょうか。風邪なので通常であれば薬を飲まなくても2~3日も寝てれば治ります。にも関わらず「予防接種をしましょう。しないと感染したら重症化しますよ。」と国ぐるみで国民を洗脳しているようにも見えます。

この都市伝説が事実として、なぜ国は効かないと分かっていながら国民に嘘をつくのでしょうか。たくさんの国民が予防接種を受ければ国が儲かるという理由以外に、もう1つ理由があります。

それは「インフルエンザ対策のワクチンがないと批判されるのを防ぐため」と言われています。国だってできれば、インフルエンザに感染しないためのワクチンを作りたいはずです。でもできないんです。それほどインフルエンザのワクチンを作るのは難しいからです。

だからと言って嘘ついてまで予防接種を受けさせるのは、どうかと思いますよね。実はインフルエンザの予防接種は効果がないばかりか、副作用で亡くなった方もいます。

この都市伝説が事実なら、誰1人としてインフルエンザの予防接種を受けに行く人はいなくなるでしょう。でもそうなれば、損をする人が少なからず出ます。利権が絡んでるということですね。そういう人たちが必死になって、事実を隠そうとしているのでしょうか。

信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする