クレヨンしんちゃんの「しんのすけ」という名前の由来って!?

今や国民的アニメになった「クレヨンしんちゃん」。お下品なギャグで笑いを取ったかと思いきや、たまに泣かせてもくれる名作アニメです。子供だけじゃなく大人のファンも多いのがクレヨンしんちゃんなんです。

スポンサードリンク

その中の主人公「野原しんのすけ」くんの名前の由来にまつわる都市伝説です。「しんのすけ」という名前はどのようにして誕生したのかというのがネット上で話題になっています。

実は、しんのすけという名前は偶然できたという噂なんです。どういうことか簡単に説明していきますね。

お父さんのひろしは、しんのすけが生まれる前に4つの名前の候補を考えていました。その4つの名前は「しんいち・とものり・すぐる・けんた」の4つです(もしかしたら女の子だった時の候補もあったのかもしれませんが、そのあたりは謎です)。

その時、妻のみさえから「産まれそう」との電話がかかってきました。大慌てのひろしは、候補の名前を書いた紙をポケットに入れて病院へと走ります。外は大雨だったのですが、傘などさしてる余裕のないひろしは、傘も持たずに病院へと一目散に向かったんです。

ずぶ濡れになりながらも病院に到着したひろし。それから間もなく、赤ちゃんの泣き声が。みさえが元気な男の子を産んだ瞬間です。間もなくして、みさえから「名前は決まった?」と聞かれるひろし。赤ちゃんの顔を見てから決めようと思っていたひろしは、名前の候補を書いた紙をポケットから取り出します。

しかし、その紙を見てひろしは絶句します。と同時に、ひろしは満面の笑みへと変わりみさえにこう言いました。「もちろん、名前はしんのすけだ!」と。みさえは「いい名前ね。あなたの名前は野原しんのすけよ。」と言いました。終わり。

ここで疑問が。なぜ名前の候補に入っていない「しんのすけ」という名前に決まったのか・・・

この答えは、雨の中ひろしは走ってきたので、ポケットの中に入れておいた名前の候補を書いた紙の文字が消えてしまっていたからと噂されています。

「しんいち・とものり・すぐる・けんた」の字のいくつかが雨に濡れて消えてしまっていたというのです。そして残った文字が「し・ん・の・す・け」だったから、ひろしは絶句したのと同時に「素晴らしい名前だ」と思い笑顔になったのでしょう。

この都市伝説が本当かどうかは分かりませんが、事実だとしたらいいお話ですよね。偶然しんのすけになったとしても、いい名前なのは間違いありませんから。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする