ネット将棋に突如あらわれたdcsyhi(デクシ)に関する都市伝説

昨今、藤井四段の人気で将棋界が湧いていますね。将棋はプロだけじゃなく、アマチュアでも楽しむことができます。アマチュア同士で楽しむ場はインターネット上にあるんです。

スポンサードリンク

それは「将棋倶楽部24」というサイト。ここでは24時間、世界中の人たちと将棋を指すことができます。登録者の実力は分けられているので、常に自分の実力に合った対戦者と対局ができるという画期的なシステムとなっています。

この将棋倶楽部24に2002年の終わり頃、「dcsyhi」というハンドルネームの人物が現れました。ファンの間では「デクシ」と呼ばれています。

このデクシ、ネット将棋に現れてから数多くの対局をして全勝。しかも圧倒的な強さで勝って行ったんです。瞬く間にレベルを上げていきました。

次第に「コイツ何者なんだ」と噂になっていったんです。その噂はプロの世界まで広がっていき、当時の名人でもあった佐藤天彦と対戦することになりました。この一戦はアマチュア・プロ関係なく、将棋ファン注目の一戦となったんです。

その対局で勝利したのはデクシ

トッププロにまで勝ってしまうとは予想しているものも少なく、驚きの結果となったのは言うまでもありません。今ではコンピュータがプロに勝つのは当たり前ですが、当時はコンピュータの実力はプロの足元にも及ばない時代です。

ということは、デクシの正体は人間。
アマチュアがプロに勝てるわけがない。
ということは、プロ棋士の誰か。
プロの中でもトッププロ。

徐々に人物が絞られていきます。そこで頭をよぎるのは、あの人物。そう、あの天才棋士「羽生善治」です。

スポンサードリンク

羽生先生ならこの強さも頷けると、ファンの間では「デクシの正体は羽生」という噂があっという間に広がっていきました。そんなタイミングで、デクシはネット将棋界から姿を消します。

こうしてデクシは伝説となったんです。

羽生先生自身も自らデクシについて話すことは、今まで1度もありません。このこともあり「やっぱりデクシは羽生なんじゃ・・・」という都市伝説が生まれたというわけです。

ちょっと話は変わりますが、デクシがネット将棋界を賑わす前。「ヒカルの碁」という漫画が大人気となっていました。これは将棋ではなく囲碁の話なのですが、この漫画の中に「ネット碁」というものが出てきます。「sai」というハンドルネームの人物が自らの正体を隠し、プロを倒していくという展開がありました。

この「sai」と「dcsyhi」なんか似てると思いませんか?

もしかしたら羽生先生は、ヒカルの碁を読んで「自分もネット将棋でアマチュア達と将棋を指したい」との思いでネット将棋界に現れたのではないでしょうか。そうでもしない限り、アマチュアの将棋ファンと対局する機会なんて、そうそうありませんからね。

羽生先生が語らない限り真実は分かりませんが、事実だとしたら羽生先生かっこよすぎです。もし事実なら、当時デクシと将棋を指した人たちは一生の思い出となることでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする